ガンダムバルバトスルプス GUNDAM BARBATOS LUPUS 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

今回レビューするキットは機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズからガンダムバルバトスルプスです。

要するにバルバトスのバージョンアップ版です。外見は肩アーマー以外は目立った変更はありませんがバルバトス独特のエヴァっぽい?鳥類や恐竜っぽい印象を与えるデザインが特徴的な機体ですね。

阿頼耶識システムというのも今までのガンダムにはない新しい発想で機体のデザインと凄くマッチしてると思います。

それでは生物的で無骨なバルバトスルプスのレビューをしていきます!

キット内容の紹介

▲Aパーツは内部フレームや関節系です。

▲Bパーツは関節系と色分けパーツで構成されています。

▲Cパーツはアーマー類。

▲ポリキャップ

▲ホイルシール

▲取説のカラーガイドも参考まで。

▲おまけでガンダムトライエイジのトレカ(写真左)とガンダムクロスウォーのトレカ(写真右)が同梱されてました!どっちもやったことないのでカードのレベル感がわかりませんが^^;

足首パーツの紹介

▲とにかくデカイです。独特のフォルムのうまく再現されてます。踵の赤い部分はシールで再現です。

▲踵はシールなので足裏は白いままです。つま先はほぼ90度下に稼働します。

脚部パーツの紹介

▲横からのショット。太もものネイビーブルーの部分はシールです。

▲膝部分の緑のラインはシールが用意されています。どうも足首パーツの裏側が目立ちスカスカ感は否めないですね。

▲膝関節は十分に動きます。写真左のように足首が左右にめっちゃ動きます。写真では完全に横になってます。

腰部パーツの紹介

▲サイドアーマーのネイビーブルーの部分はシールが用意されています。

▲サイドアーマーはフロントスカート部が干渉し可動範囲が限られています。あと結構ポロリします。

胸部パーツの紹介

▲首はポリキャップで後ろに肉抜き穴があります。

▲パーツのつなぎ目はほとんど気になりません。

▲独特の細い腰のラインと背骨ちっくなメカも細かく再現されています。

▲バックパックにはソードメイスをマウントするラックが左右にあります。

▲バックパックを横からみたところ。ネイビーブルーの部分は一体形成なのでシールを貼ります。

腕部パーツの紹介

▲写真右が正面から。写真左は後ろ側です。肘の部分の穴は別売の武器セットをつけるために用意されています。

▲鉄火団のエンブレムも色分けされてます。可動に関しては十分。

頭部パーツの紹介

▲カメラアイはシールが用意されています。かなり細かいパーツ構成で色分けされておりつなぎ目もほとんど気にならないように設計されています。顎のラインがエヴァっぽい。

▲首はめっちゃ動きます。

▲後頭部はこんな感じ。バルバトスはアンテナが大きいので肉抜き部分は目立ってしまいますね。

武器・付属パーツの紹介

▲このキットに唯一付属している武器ソードメイス。とにかくデカイです。

▲刃渡りは10センチあります。

▲手首パーツは握り手が2種類用意されています。写真ではわかりにくいですが左側の手首パーツは若干下側に角度がついてます。

▲バックパックのアーム用差し替えパーツとアクションベース用のジョイントパーツ。

ギャラリー

(Visited 54 times, 1 visits today)