ガンダムヴィダール GUNDAM VIDAR 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ

今回紹介するキットは鉄血のオルフェンズよりギャラルホルンの仮面の男ヴィダールが搭乗するガンダムフレームの機体『ガンダムヴィダール』です。

機体名に自身の名前をつけるなど正体不明の仮面の男ヴィダールの今後の動きが気になりますね。

このキットはHGシリーズなのでガンダムフレーム2が採用されいるのでよく動くし組み立ても比較的簡単なのですがガンダムフレームが中心のパーツ構成なのでパーツ分割や色分けに若干の難ありはご愛嬌。

ということで、HGガンダムヴィダールの素組みレビュー最後までお付き合いくださいませ。

キット内容の紹介

▲Aパーツはいつものガンダムフレームです。

▲Bパーツは武器やアーマー類です。

▲Cパーツはバックパックは黒系のアーマー類です。

▲ポリキャップ

▲このキットはシールを多様しますね。

▲取説のカラーガイド。

足首パーツの紹介

▲足首にブレードを持つ独特のフォルム。モナカ構成なのでつなぎ目が目立ちます。

▲ブレードを展開するとこんな感じ。

▲足裏面積が非常に少ないですが丁寧にモールドが入っています。

脚部パーツの紹介

▲膝下のスラスターが特徴的ですがスラスター内は黒一色なので赤で部分塗装すると見栄えがぐっと良くなりそうです。

▲ガンダムフレームの弊害というべきか、太ももやむこうずねがモナカ構造なのでつなぎ目が目立ってしまいます。

▲背面のショット。膝アーマーの肉抜きが意外と目立ちます。

▲ふくらはぎのスラスターは写真の様にボールジョイントなのですが、ほとんど可動しないばかりか、ポリキャプじゃないのでちょっとしたことでポロリしちゃいます。

▲アーマー同士の干渉も少なくガンダムフレームの可動領域をフル活用できていると思います。

腰部パーツの紹介

▲フロントアーマーの赤色部はシールが用意されています。設定ではハンドガンがフロントアーマーに格納されるのですがキットでは可動ギミックはありません。サイドアーマーはバーストサーベルの剣先の予備が格納されています。劇中設定のような可動はしません。

▲サイドアーマーは割りと柔軟に動くのでポージングの負担は少ないです。

▲アーマー裏は肉抜き穴がありモールドはありません。

胸部パーツの紹介

▲胸部はつなぎ目はありません。

▲首周りは設定よりも角があまく全体的に厚みがありますね。

▲脇下のアーマー部はシールです。

▲背面はガンダムフレームむき出しですね。

バックパックパーツの紹介

▲バックパックはモナカで真ん中のつなぎ目が目立ちます。中央リアクター上部の赤い部分はシールが用意されています。

▲左右のリアクターは単一パーツで白色部はサイドアーマー同様にシールです。

▲リアクター裏側は肉抜き穴が目立ちますね。埋めるの大変そう。

▲リアクターはボールジョイント接続なので色んな方向に動くのですがポリキャップ製じゃないのでポロリ多発です。

腕部パーツの紹介

▲腕部はとにかくシール祭りです。モナカ構造のつなぎ目をシールが結果的にうまく隠しているのがなんとも。。。

▲これはガンダムフレームの宿命ですね。。。黒色部は全てシールです。

▲ほかのガンダム同様肩パーツは独立可動します。

▲肩アーマーの先端部は可動ギミックがあります。

▲腕はアーマーの干渉は少なく、よく動きます。

▲肘関節もガンダムアーマーらしい可動です。

頭部パーツの紹介

▲カメラアイはシールが用意されています。首はポリキャップ。

▲マスク部の造形やモールドはかなりよい出来です。

▲背面カメラもシールが用意されています。

武器パーツ・付属品の紹介

▲ライフルに可動パーツはありません。専用握り手がないのでトリガー部が省略されています。サイドアーマーにラックするための突起あり。

▲ライフルスコープはシールが用意されています。

▲ヴィダールといえば二丁拳銃。ハンドガンパーツは一体形成です。

▲バーストサーベル。

▲バスターソードの鐔(つば)の裏側。

▲ハンドパーツは通常のものと手首に角度がついた2種類の握り手が付属しています。

完成写真

▲サイドアーマーにバーストソードを格納。

▲ハンターエッジ状態。

(Visited 82 times, 1 visits today)