ジム改 RGM-79C GM TYPE C 機動戦士ガンダム0083STARDUST MEMORY

今回レビューするキットはOVA作品『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』や劇場用作品『機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光』に登場する量産型MSのジム改(GM TYPE C)です。ジム改といえば戦果としては不遇のジムとして有名ですが、この機体の存在こそが以降のMS量産開発ノウハウを確立したといっても過言ではありません!

ということでさっそくキット内容の紹介に入りたいと思います。

キットの紹介

▲Aパーツは胸部やシールドなどのインディブルーパーツのほかにダクトやカメラアイやコクピットハッチなどもあり凄くカラフルなランナー。

ジム改B1パーツ

▲B1パーツは顔パーツと肩アーマーなどの白系パーツ。

ジム改B2パーツ

▲B2パーツもアーマー類の白系パーツ。

ジム改Cパーツ

▲Cパーツは武器がメイン。

ジム改Dパーツ

▲Dパーツは関節系がメインです。

ジム改MP-1Eパーツ

▲Eパーツは手首パーツ。平手があるぞぃ!!

ポリキャップ

▲ポリキャップ。うち10個のポリキャップは不使用です。

ジム改マーキングシール

▲マーキングシール。ペイント弾の被弾を表現したシールがありますね。

ジム改取説カラーガイド

▲取説のカラーガイドも参考まで。

足首パーツの紹介

ジム改足首パーツ1

▲正面と背面。

ジム改足首パーツ2

▲足首関節が若干前傾します。

ジム改足首パーツ3

▲足裏のディテール。

脚部パーツの紹介

ジム改脚部パーツ1

▲ジムらしいデカ足フォルム。向こう脛をかぶせるパーツ構成なのでつなぎ目がほとんど目立ちません。膝関節のディテールもしっかりしてます。

ジム改脚部パーツ2

▲膝と足首のマルイチ部分は別パーツ。膝関節は二重関節ですがアーマーが干渉して可動範囲は広いとはいえません。

腰部パーツの紹介

ジム改腰部パーツ1

▲ジムならではのシンプルなスカート。フンドシの三角部分はマーキングシールが用意されています。

ジム改腰部パーツ2

▲後ろから。

ジム改腰部パーツ3

▲サイドアーマーとフロントアーマーが可動します。股関節はアクションベース専用パーツと付替えが可能です。

腕部パーツの紹介

ジム改腕部パーツ1

▲写真左は腕部パーツの正面、写真右が腕部パーツの背面。背面にはシールド用の穴があります。

ジム改腕部パーツ2

▲肘関節は二重関節なので十分に曲がります。肩アーマーのダクト?部分があるので腕は水平まであがりません。

胸部パーツの紹介

ジム改胸部パーツ1

▲胸部パーツの正面。

ジム改胸部パーツ2

▲腕ジョイント部は前に大きく動きます。珍しい構造かも。首関節はポリキャップです。

ジム改胸部パーツ3

▲ランドセルはシンプル。ジムの特徴である1本サーベル。

頭部パーツの紹介

ジム改頭部パーツ1

▲クリアパーツの後ろにメカっぽいグレーパーツがあるのですがあまり目立ちません。トサカのカメラはメインのカメラアイと繋がっています。

ジム改頭部パーツ2

▲耳あては別パーツです。

ジム改頭部パーツ3

▲背面のカメラはシールありません。

手首パーツの紹介

ジム改手首パーツ1

▲左右で平手と握り手があります。最近のガンプラは手が小さい傾向がありますが、このキットは昔ながらのデカハンド。ディテールもしっかりしてます。

ジム改手首パーツ2

▲こちらは武器用の手首パーツ。左がサーベル用、中央がライフル・バズーカ用で右はライフルを支える為に手の甲側に動きます。なぜか平手と握り手の甲部分はグレーなのに武器用の手首パーツは甲部分が白です。しかも白の甲パーツのほうが微妙にサイズが小さいので付け替えもできません(T_T)

武器パーツの紹介

ジム改武器パーツ1

▲90mmマシンガン。

ジム改武器パーツ2

▲360mmハイパー・バズーカ。グリップ部が前に少し動きます。

ジム改武器パーツ3

▲これぞジム!というシールド。

ジム改武器パーツ4

▲シールドの裏面。ハンドグリップが別パーツじゃなく一体形成なのが残念です。

ギャラリー

ジム改1

▲正面

ジム改2

▲左側面

ジム改3

▲背面

ジム改4

▲右側面

ジム改5

▲両肩が前部に大きく動くのでこんなポーズできます。

ジム改6

▲太ももはボールジョイントでここまで広がります。

▲バズーカを装備

▲マシンガン用の左手がいい感じです。

▲なぜサーベルパーツが付属されていないのか本当に不思議。撮影のためガンダムから拝借しました。

(Visited 173 times, 1 visits today)