エールストライクガンダム GAT-X105+AQM/E-X01 AILE STRIKE GUNDAM 機動戦士ガンダムSEED

今回紹介するキットはエールストライクガンダム。ストライカーパックシステムが最大の特徴ですが、どれくらい再現されているのか楽しみです。

「お前が、ニコルを・・・ニコルを殺した!!」ということで早速キットの開封と素組のレビューをしたいと思います。

キットの紹介

▲Aパーツはアーマー類の白色部分。

▲B1パーツはエールストライカーや足裏、胴体などの赤色部分。

▲Cパーツは関節や手などのグレー部分。

▲写真左のGパーツは胴体とフンドシ部分の青色部分。右のM1パーツはダクトやアンテナなどの黄色部分。

▲Nパーツは武器と肩関節のグレー部分。

▲Oパーツはエールストライカーの黒色部分。

▲ビームサーベルはピンク色のクリア樹脂で2本用意されてます。

▲ポリキャップ。

▲カラーガイド。

足首パーツの紹介

▲つま先と踵は可動しません。アンクルガードは一体形成で足首のポリキャップに片側からボールジョイントを差し込む珍しいタイプ。

▲足首の後ろ側と裏側のショット。足裏の肉抜き穴が個人的には気になります。そして全体的にスカスカ感は否めない。。。

脚部パーツの紹介

▲全面と後ろ側。足首パーツのようなスカスカ感はなくしっかりとした作りです。

▲膝関節は二重関節なので可動範囲は広い。足首が以外にもかなり曲がる。

▲膝アーマーの裏側もしっかりとパーツで塞がれています。

腕部パーツの紹介

▲写真左が腕パーツの表側で右が裏側のショット。裏側にシールドを固定する穴があります。このキットは写真の握り手のみで武器専用の握り手は用意されていません。

▲腕は横90度まで動き関節も二重関節なのでしっかり可動します。

腰部パーツの紹介

▲無駄のないシンプルな作りです。

▲裏側もシンプルにまとまっています。

▲スカートは前部と両サイドが可動し後ろ側は固定。股関節中央部にディスプレイスタンド用の穴があります。

胸部パーツの紹介

▲首パーツはポリキャップなので裏側の肉抜き穴が目立ってしまいます。

▲横からのショット。腰の白色パーツはボールジョイントなので多少前後に動きますがポージングの幅が広がるほどではありません。

▲背面はストライカーパックを換装するので邪魔なディテールが一切ありません。

▲全体的なプロポーションはよいと思います。

▲ストライカーパックを装備したところ。左右のウイングの赤色部分は裏表からシールを貼ります。

▲左右のウイングと下段の両スラスターが上下に可動します。

頭部パーツの紹介

▲カメラアイとトサカのカメラはシールが用意されています。

▲HGなので仕方ないですがアンテナ類の幅の太さは目立ってしまいます。

▲後ろからみると黄色のアンテナパーツの幅がよく分かる。後頭部のカメラはシールが用意されています。

武器パーツの紹介

▲シールドの覗き穴?の上部は白色のシールが用意されています。

▲裏側もモールドが施されています。

▲57mm高エネルギービームライフルとアーマーシュナイダー2本。このナイフは腰部のサイドアーマーに格納はできません。

▲ビームサーベルは2本分のスチロール樹脂が用意されています。

ギャラリー

(Visited 51 times, 1 visits today)