HGUC シナンジュ(1)キットのレビュー

どうも!ガンプラHG素組みキットレビューです。

今回紹介するキットは機動戦士ガンダムUCから、シャアの再来と噂されるフル・フロンタルの専用機シナンジュです。

ちなみにフル・フロンタルは全裸という意味らしいです。

「また敵となるか、ガンダム…!」

ということで、まずはキット内容から紹介していきますー。

▲Aランナー。黄色と白と黒の色分けパーツで構成されています。黄色はエアインテークダクト類で白色はプロペラントタンクのパーツ。

▲Bランナー。メインカラーの赤色パーツ。脚部アーマー、頭部パーツ、シールドパーツなどなど。

▲C1ランナー。こちらもメインカラーのパーツ。フレキシブル・スラスターや腰部のアーマーなど。

▲C2ランナー。こちらもフレキシブル・スラスターなどの赤色パーツです。

▲Dランナー。武器やハンドパーツがメイン。

▲E1ランナー。こちらは関節類がメインですね。

▲E2ランナー。同じく関節パーツ中心。

▲Fランナー×2。ビームサーベルとビーム・アックスの演出用クリアパーツが2枚。でかい。

▲ポリキャップランナー。シナンジュは機体が大きいので強度の高い132番が採用されています。

▲ホイルシール。金ピカです。眩しい。HGにはマークシールは付属されていません。

▲取説のカラーガイド。

キットはランナー7枚にポリキャップとクリアパーツで合計9枚構成です。機体のデザインや大きさの割にはコンパクトに設計されているような感じがします。見た感じ、ディテールやモールドもクオリティの高い様子が伺えます。

ということで今回のガンプラHG素組みレビューはここまで!

次回の更新をお楽しみに♪

(Visited 52 times, 1 visits today)