ガンダム RX-78-2 GUNDAM 機動戦士ガンダム

今回のレビューはガンプラ35周年を記念して新たにキット化されたファーストガンダム。いわゆるリバイブシリーズで旧キットとの違いは可動範囲の拡大とプロポーションの変更らしい。

ではキットの内容を紹介。

キットの紹介

▲腕と足と腰などの白いパーツ。膝と肘部分のマルイチが色分けされてる。

▲関節や手首・武器などのグレーパーツ。平手があるのが嬉しい。

▲胴体などの色分けパーツ。

▲ポリキャップの数は少なめ。フンドシの矢印部分はステッカーで再現。目の部分は塗装用に2種類用意。

足首の紹介

▲アンクルガードの角が合せ目に。くるぶしのマルイチは色分けなし。

▲アンクルガードはかなり可動範囲が広い。

▲かなりディティール細かいのに爪先部分の肉抜き?が残念。

脚部の紹介

▲膝関節のマルイチが設定通りにちゃんと色分けされてる。

▲脚部の裏側。ふくらはぎはシンプルというかノッペリ。

▲膝は二重関節なので脅威の可動範囲。カタパルト姿勢も余裕でしょう。

腕パーツの紹介

▲腕の部分のつなぎ目がいい感じ。

▲肘のマルイチも色分けされてる。シールドの穴は個人的にはいらないかなと。

▲腕も二重関節なのでランドセルのビームサーベルを握るポーズも余裕。

腰部の紹介

▲フンドシ部分の黄色い矢印はシールで再現。矢印周りの黒線が結構目立つ。

▲バズーカーラックは別部品で付け替え方式を採用。

▲スカートは前部と左右が可動し後ろ側は固定。HGなのでスカートの裏側はスカスカ。

胴体の紹介

▲胸のダクトはシャープな仕上がり。首周りの黄色い部分のモールドは少し甘い感じかな。

▲ランドセルは意外とシンプルというかスッキリな感じ。ランドセル中央にシールドラック用の穴がある。

▲腰が前に動く。ちょっとしたことだけど、これでポージングの幅が広がる。

頭部の紹介

▲目はクリアパーツが用意されてるけどクリア感が全く再現されていないので通常のシールを採用。トサカのカメラはシールが用意されている。

▲つなぎ目は側頭部を一直線に横切る形。

▲後頭部のカメラも同じくシール。

全体の紹介

▲とりあえず各パーツを合体。うーん、腰が細身のせいか顔が大きくみえる。

▲後ろから見ると頭部のバランスは悪くない。

武器の紹介

▲ビームライフルはスコープとグリップが可動する。

▲専用の握り手を装着したところ。このパーツはバズーカ兼用。右手しかないのが残念。

▲シールドは横幅がやや広い感じがする。

▲シールドの裏側。かなり細かく再現されてるのでスミ入れするとシャープに見えるかも。

▲バズーカーはグリップが前に動くのでポージングの幅が広がる。

▲バズーカーの後ろ側。

▲ビームサーベル2本用意されてる。

カラーガイド

ギャラリー

(Visited 176 times, 1 visits today)