HGUC Zガンダム GEP(5)脚部のレビュー

今回も引き続きガンプラエボリューションプロジェクト版Zガンダムの素組みレビューです。

過去の記事一覧

▲足パーツは全部で6個。

▲素組み完成。足裏は肉抜き穴もなく細かく作り込まれていますね。

▲関節パーツです。動力パイプも別パーツになっていて細部まで作り込まれています。

▲組み上がった関節パーツに大腿部と向う脛のアーマーを取り付けます。

▲大腿部が完成しました。アーマーは段落ちモールドに沿って前後からはめ込むので合わせ目がありません。

▲外側の下腿部パーツ。スタスターと膝周りの青い部分は色分けされています。

▲内側の下腿パーツも外側と同様にスラスターと青い部分が色分けされています。

▲下腿部を組み上がった大腿部と足パーツに組み込みます。ふくらはぎにあるバーニアーも別パーツで色分けされていますね。

▲最後にふくらはぎのアーマーをつけて脚部の完成です。

▲脚部が完成しました。正面と外側のショット。下腿部の外側にあるスラスターの上に黄色のシール指定があります。取説では後のほうにシール指定が掲載されていたので写真の時点で忘れてしまいました(汗)

▲背面と内側のショットです。

▲太ももの付け根は軸受ユニットになっているので外側に回転します。これも可動域拡大のポイントですね。

▲膝関節の可動もここまで動きます。

旧キットと比べると脚部は合わせ目が一切でないように再設計されています。そしてなによりもよく動きます。Zガンダムは変形ギミックがあるので本来は可動域は限定されがちなのですが、その欠点を見事にクリアしていますね。

ということで本日のレビューはここまで!

最後までお付き合いくださいありがとうございましたm(_ _)m

新着記事のチェックはFacebookページをフォローしておくと便利です!

(Visited 40 times, 1 visits today)