HGUC Zガンダム GEP(4)腕部のレビュー

今回も引き続きガンプラエボリューションプロジェクトのHG版Zガンダムの素組レビューです。

連載過去記事の一覧

今回は腕部をレビューしていきます。

最後までお付き合いくださいm(_ _)m

▲肩パーツの切り出し。可動域を確保するため旧キットと比べてパーツ数が増えています。

▲関節と骨格パーツ。細部まで作り込まれています。

▲組み上がりました。肘は二重関節になっています。

▲前腕部のアーマーパーツ。グレネードランチャーのハッチが開閉式になっています。

▲上腕部のアーマーは後ハメ使用なので塗装派にやさしい仕様です。肩と前腕部の黄色い部分はシールで補います。

▲腕部が完成しました。

▲グレネードランチャーのハッチを開いた状態。細かい部分まで再現されていますね。

▲肘はパーツ干渉もなく十分な可動域を確保しています。

▲左右の前腕部にはシールドを固定用の穴が用意されています。ハンドパーツは1種類の握り手のみでした。

▲上半身が完成しました。

▲Zガンダムがこんなに動きます(笑)すごい。

腕部のスラスター以外の黄色い部分はシールで再現するのですが肩の部分のシールは変形やポージングで指が触れる機会が多く剥がれやすいので部分塗装をおすすめします。

ということで今回のレビューはここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございますm(_ _)m

新着記事のチェックはFacebookページをフォローしておくと便利です!

(Visited 43 times, 1 visits today)