HGUC 陸戦型ガンダム(7)バックパックのレビュー

どうも!おはこんばんにちわ!

ガンプラHG素組みレビューです。

引き続きHGUC陸戦型ガンダムのレビューをしていきます。

過去の連載記事はこちら

今日は陸戦型ガンダムの象徴ともいえる大型コンテナを搭載できるバックパックを紹介していきます。

▲まずはパーツを切り出します。

▲ラックの下段部分が完成。目立つ部分なので肉抜きではなく別パーツで丁寧に塞がれています。

▲このように90度折り曲がります。

▲次はラックの上段とバーニアーのパーツを切り出します。

▲ランドセル中央にコーションマークを貼って完成。

▲上段と下段のフックを展開してコンテナを搭載します。

▲装備品以外は完成しました。ウェストが若干細い気がしますがバランスの取れたプロポーションですね。

▲横からのショット。腰部のふんどし部分のアーマーは設定よりも、かなり前に飛び出ているのが気になりますね。

▲バックショット。

▲陸戦型ジムの金型を流用していると思えないほど完成度が高く組み立てやすいキットに仕上がっていますね。

ということで今回で武器パーツ以外のメイン機体が完成しました。少し動かしてみたのですが、かなり幅広いポージングが楽しめそうです。

今回のガンプラHG素組みレビューはここまで!

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(_ _)m

(Visited 31 times, 1 visits today)