HGUC シナンジュ(4)腕部のレビュー【機動戦士ガンダムUC】

どうも!ガンプラHG素組みレビューです。

前回に続いてHGUCシナンジュの素組みレビュー記事になります。今回は腕部の制作手順を紹介していきます。

過去の記事はこちら

▲肩関節とアーマー、上腕部のバーニアーパーツ。

▲肩関節はモナカ構造なので合わせ目がバッチリ。

▲腕部バーニアーとスパイクアーマー。

▲肩のアーマーは二重構造になっており合わせ目が出ないように工夫されています。黄色のパーツはエアーインテークかな?

▲組み上がりました。黄色のパーツは溝に差し込むのですが光の当たり具合によっては黄色が透けて見えてしまうので黒マジック等で着色しておいてもよいかも。

▲次は肘関節。二重関節ではありません。

▲完成した関節部に前腕部のパーツを取り付けます。前腕部の動力パイプは別パーツで色分けされています。

▲上腕部は筒型の一体形成パーツになっています。前腕部も肩パーツと同様に二重構造で合わせ目が目立たないようにパーツ分割が工夫されています。

▲完成したら袖にホイルシールを貼ります。左右それぞれ5箇所に貼ります。ハンドパーツは通常の握り手とビームライフル用の右手パーツ、ビームサーベル用の左右パーツが用意されています。

▲上半身の完成!曲線と直線がうまく溶け込んでかっこいい。肩の3点スパイクはザクへのおマージでしょうか。

▲肘は90度まで曲がります。

▲腕は肩パーツが干渉するのでほぼ水平までしか上がりません。上腕部のバーニアーは肩アーマーギリギリまで動くので邪魔にはなりません。

▲ポカポカヘッド。

▲両腕は胸部側に約10度ほど張り出すことができます。

ということで機動戦士ガンダムUCからHGUCのシナンジュの腕部レビューでした!

次回のガンプラHG素組みレビューをお楽しみに!

チャオ♪

(Visited 38 times, 1 visits today)