HG ジム・ガードカスタム レビュー第4回 腰部パーツ

今回はジム・ガードカスタムの腰部の素組レビューです。

前回の記事はこちら

▲股関節パーツの切り出し。サイドアーマーはポリキャップで可動。ディスプレイ用のポリキャップもあります。

▲続いてフロントアーマーとサイドアーマーのパーツ切り出し。ガンダムシリーズと比べて、どうしても腰部があっさりしてしまうジムですが、ガードカスタムは増加装甲の黒パーツがあり、単調さをクリアしてます。

▲フロントアーマーは後で分割して個別可動するように改造できます。怖がらずにバッサリいっちゃいましょう(笑)できれば分割後はヤスリなどできれいにしておいたほうが可動がスムーズになります。

▲腰部完成。増加装甲のモールドも細かく再現されていますね。

▲後ろには増加装甲はありません。このキットはスナイパーカスタムがベースなので背面の穴はスナイパーカスタムの武器ラック用の穴かと思われます。このキットでは特に使用しません。

▲腰部アーマーの裏側です。左右のアーマーにはモールドらしき加工がありますが、前面と背面は肉抜き穴がそのまま露出しています。

▲フロントアーマーは個別可動改造済み。

▲上半身と合体。腕と足がないと安産型なジムですね。完成したときのバランスが楽しみです。

▲腰はパーツ干渉がないので360度回転することができます。

腰部はパーツ構成もシンプルで組み立ても簡単なわりに、増加装甲のおかげで見た目がかなりかっこよい仕上がりですね。

ということで今回の素組レビューはここまで!

最後まで読んでくださってありがとうございますm(_ _)m

チャオ♪

(Visited 66 times, 1 visits today)